浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


坐骨神経痛について

 

坐骨神経とは

太ももと足の筋肉を支配し、脳からの運動の指令を伝え、歩いたり体のバランスをとるなどの働きをしています。
坐骨神経に障害が起こると、おしりや太もも、足がしびれたり、痛みが出たりします。

主な原因としては以下の様なものがあります。

  • 腰椎分離すべり症
  • 変形性腰椎症
  • 脊椎・脊髄の腫瘍
  • 骨盤内の腫瘍
  • 梨状筋症候群
  • 腰部脊柱管狭窄症 
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎分離症

 

坐骨神経痛の症状とは?

  • お尻に痛みやシビレ
  • 痛みで靴下がはけない
  • 痛みで立っていられない
  • 足の激しい痛み、歩けない
  • 腰を動かすと足への激しい痛み
  • 安静にしても痛み
  • 冷えやダルさがある
人間を横から見たとき、背骨はゆるやかなS字にカーブしているのが、自然で無理のない良い姿勢です。

日常生活で、この姿勢を常に維持することが、坐骨神経痛や腰痛の予防と改善に繋がります。
横から見た状態で、重心線がまっすぐ通っているということです。

この姿勢になるには


  • あごを引く、まっすぐ前を見る
  • 肩は力を抜いて、体の真横に持ってくる
  • 背すじを伸ばす
  • 頭のテッペンを引っ張られているようなイメージ
このような意識で行うと、重心線がまっすぐ通った良い姿勢になります。
この正しい姿勢で痛みが増してしまう場合は無理をしないで痛みが少ない姿勢を取って下さい。

重い荷物の持ちかたとして

負担をかけない工夫をすることが重要です。
立位姿勢で、上体を前後に曲げる動作は、脊椎と骨盤のつなぎ目に力がかなりかかります。

  • 腰を落とし、体幹部に荷物を近づけて持つ
  • 片足を前に出し、荷物を体から離さずに持ち上げる
  • 荷物を体につけたまま運ぶ

坐骨神経痛に対する施術

kokannsetuugoki.jpg基本的に痛みが強く出ている箇所はあまり触らず行います。

施術で、狭まった脊柱管や分離したりすべっている腰椎を治すことはできません。
しかし症状が出ている原因として、それが全てではないと考えています。

例えば、症状のない人でもMRIは約30%の人に脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアがみられるそうです。

脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアがみられたとしても、腰痛や坐骨神経痛などの症状が必ず出るわけではありません。
椎間板ヘルニアがみられても、数ヶ月後には飛び出したヘルニアが自然に元に戻っている事も多いそうです。

原因としては普段の姿勢の悪さなどからくるゆがみが筋肉や腰椎などに過度な負荷を与え続けた結果だと考えられます。

その積み重ねの結果、腰椎などの変形につながり、痛みやしびれなどの症状が出ているのだと考えています。
まずその原因となっているゆがみを改善していきます。

具体的には腰椎の周りだけでなく足、股関節、骨盤などそれらと関連があると考えられる部位を施術し、症状の改善を行っていきます。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ