浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


腱鞘炎、指や肘の痛み

腱鞘炎とは

tenoitami.jpg指や手首を使いすぎることで、腕や手にある腱や腱鞘に負担がかかり、炎症が起きている状態のことをいいます。
人間の体の中で一番細かい動きができる部位は手です。手は14個の指の骨と5個手のひら骨、8個の手首の骨の合計27個の骨でできていて、それぞれの骨はバラバラにならないように靭帯で繋がれています。このたくさんの手の骨を動かすことができるのは、手指の骨と筋肉をつないでいる腱があるからです。
腱は手首から指先にかけて通っている丈夫なヒモのような組織で、腱を動かすと腱についてる筋肉も連動して動きます。私達が自由に手指を曲げたり、伸ばしたりすることができるのは、腱が動いているからです。
この腱は、動くときに骨から離れないよう、ところどころバンドのような組織で押さえられています。この組織が腱鞘です。
腱鞘の「鞘」は「サヤ」の意味で、その名のとおり腱をおさめる筒のようなトンネル状の形をています。腱は何本もあるため、腱鞘には腱がバラバラにならないよう固定する役割もあります。
指を曲げ伸ばしするとき、腱は筒状になっている腱鞘のサヤの中を行ったりきたりして、往復運動をしています。
通常であれば、わたしたちが手の指を動かすとき、腱は腱鞘のなかをスムーズに動いてます。
ところが、指や手首をひんぱんに曲げ伸ばしたり、指を速く動かしていると、腱と腱鞘がこすれ合い、炎症を起こすことがあります。
すると、腱が腫れて太くなったり、腱鞘のサヤの中が狭くなり、指や手首を動かすときにスムーズな動きができなくなってきます。次第に腱と腱鞘がさらに強くこすれ合うようになり、ますます炎症が悪化し、やがて指を動かすたびに痛みを発するようになります。
これが、腱鞘炎が引き起こされるメカニズムです。
腱鞘炎は特定の部位の使いすぎが原因になっていることが大半で、手首に限らず手や指をたくさん使う人にも多く発症しています。
指や手首はもちろん、腱や腱鞘のある部位であれば、どこでも腱鞘炎になる可能性を持っています。例えば、ジョギングをしすぎると足首や足の甲に腱鞘炎が起こることがあるのです。
また、加齢や何らかの原因で腱が厚くなったり、硬くなると腱と腱鞘がこすれ合い、炎症を起こしやすくなり、痛みや腫れがあらわれます。
中高年になると腱や腱鞘が硬くなり、血行も悪くなりがちなので、今までと同じような生活を送っていたにも関わらず、腱鞘炎を発症するケースも出てきます。
最近は腱鞘炎に悩む産後のママも増えています。
腱鞘の柔軟性はホルモンに影響されることがあり、特に女性の場合は妊娠中や産後、更年期など、ホルモンバランスが大きく崩れる時期に発症する人が多くいます。

大きくわけて3つのタイプがあります

  1. 手首の腱鞘炎→手の甲の親指の付け根に腫れと痛みがあるなど。
  2. ひじの腱鞘炎→物を持ったときなど、肘から手首にかけて痛みが出るなど。
  3. ゆびの腱鞘炎→手のひら、指の付け根が腫れたり、曲げ伸ばしがスムーズにいかなくなりカクカクと引っ掛かる感じがするなど。ピアニストや理容師・美容師、大工職人、料理人など。手を酷使する人たちに多くいます。

猫背は腱鞘炎の引き金になります!

yokosebone.jpg腱鞘炎になりやすい人は、肩こりにも悩まされていることがほとんどです。肩こりなどで筋肉がかたまり、肩関節の柔軟性が失われているとどうなるでしょうか。
人間は体のどこか動きの悪いところがあると、他の部分を使って補おうとます。そのため知らず知らずのうちに無理な姿勢をとることになり、手首やひじ、ゆびにも余計な負担がかかってきます。
それで動きの悪さをカバーするために、結果的に痛みなどを発症しやすくしてしまうのです。

近年PCやスマホ、デスクワークなど下を向いて作業することが多くなってきました。
下を向いて作業する時間が増えると頭や首が下がり、肩が内側に入ってしまい、猫背姿勢になりがちです。そして肩の動きが悪くなり、ひじや手首、ゆびに負担が増していき腱鞘炎を引き起こしてしまうのです。

肘の腱鞘炎は人差し指や中指、薬指、小指の使いすぎで起こります。
引き金になる代表的な動作は、ピアノやギターなど指を使う楽器の演奏やパソコンのキーボードの操作などです。

親指の使いすぎは手首の腱鞘炎を引き起こす原因になります。

tekubiitami.jpgそれは親指の筋肉は肘にまで繋がってなく、その他の四指の筋肉はすべて肘まで
つながっているからです。
四指伸展テストが肘の精密検査になります。
腱鞘炎によって肘に痛みを感じてる人が四指伸展テストを行うと、その結果は次のいずれかになります。
  • 人差し指で行ったときに強い痛みが出るのは、長撓側手根伸筋の腱鞘炎
  • 中指で行ったときに強い痛みが出るのは、短撓側手根伸筋の腱鞘炎
  • 薬指で行ったときに強い痛みが出るのは、総指伸筋の腱鞘炎
  • 小指で行ったときに強い痛みが出るのは、尺側手根伸筋の腱鞘炎
指の腱鞘炎は自覚症状を確認します!
指が痛む場合は、指の腱鞘炎を起こしていることが考えられます。
肘に腱鞘炎があり、その痛みが指まで広がっているケースもあります。

指の腱鞘炎にはテスト法がないので、指の自覚症状で判断することになります。
最近ではスマホの使いすぎによる手首の腱鞘炎のことを「smarthone thumb」と呼んでます。
親指の第2関節を伸ばす働きをする腱(短母指伸筋腱)は、スマホの画面を下から上にスクロールする動きや、パソコンのマウスやキーボードを操作する際、手首を手の甲側に曲げる働きを補助するときに使う腱です。
親指を広げる働きをする腱(長母指外転筋腱)は、親指の股を広げるときに使う腱で、スマホの画面をスワイプするときなどに使います。
親指を伸ばす動きが多ければ短母指伸筋腱に、広げる動きをしすぎてる場合は長母指外転筋腱に炎症が生じている可能性があります。

当院で行う施術として

senobijyosei.jpg

腱鞘炎を改善させるには正しい姿勢を取り戻すこと!
腱鞘炎の患者さんには、肩こりや猫背になってる人が多いです。
不良姿勢によって肩関節の柔軟性が失われてしまうと、腕が縮こまった状態で可動域の狭くなった肩を補うため、肘や手首、指などに無駄に負担がかかった状態で日常を過ごし、腱鞘炎を発症させてしまうのです。

体のバランスが悪いと体は自動的に補正が入ってしまい、無駄な力が入ることでより一層筋スパズムが発生してしまう事になります。
常に負担がかかることで、体は傷めやすい状態になってしまうのです。
正しい姿勢、動ける体作りが重要になります。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ