浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


脊柱管狭窄症、間歇性跛行

kosigekituu.jpg

背骨の中の管が狭くなって脊髄が圧迫されます。
腰部の椎体の中の神経が通るスペースの脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫されて、痛みを始め色んな下肢の症状や排尿、排便の障害、シビレや間歇性歩行などの症状が現れる病気です。 

脊柱管狭窄症症状

asihikizuri.jpg間歇性跛行は代表的なものです。
しばらく歩いていると、腰から足にかけて痛みやシビレが起こってきます。椅子に腰かけたりして少し休むと、痛みやシビレは軽減してまた歩き出せる症状をいいます。
多くは片側に症状が出現しますが、両側に出ることもあります。
 
歩行動作だけでなく、立つ、寝る姿勢などによって、腰から足にかけての痛みやシビレが出るのも大きな特徴です。
実は、腰を反らした姿勢の方が、姿勢を丸くするよりも、脊柱管はより狭くなってしまうからです。
 

膀胱直腸障害(排尿や排便の障害)

kahukubu.jpg排尿や排便のコントロールが上手くいかなくなることがります。初期には、尿が最後まで出きらず尿漏れで下着を汚す、排尿や排便の感覚が鈍い、会陰部の違和感が抜けず気になるなどの症状が起こる。
 

痛みの特徴としては

坐骨神経痛という症状で、お尻から太ももの後ろを通り、膝裏の下から外側にひびくような痛みが起こることもあります。ただ強い腰痛は起こらないのが一般的です。
寒い時や冷えたとき、寝不足やストレスなどで体調が悪い時などに悪化するのも特徴です。
 

原因としては先天性か、後天性のもの

renntogenn.jpg先天性のものであれば、体質的、生まれながらに脊柱管が狭いものです。
 
後天性のものは、椎間板や椎間関節、靭帯などの加齢変化
 
腰部脊柱管狭窄症の大部分は、腰椎の加齢変化が要因となります。程度の差はありますが、脊柱管は年齢とともに狭くなってしまいます。
ただ、神経が圧迫されると痛みやシビレが起こるのは、単に圧迫刺激だけが原因という訳ではないようです。

神経には血液が流れていて、栄養や酸素を運んでいて神経を養っています。

神経が圧迫されると、そこで血液の流れが悪くなって、神経に十分な酸素が行きわたらなくなります。

酸素が行きわたらなくなると、神経との間で信号のやり取りに必要な神経伝達物質の働きが悪くなり、それが痛みやシビレといった症状に繋がると考えられています。

それで、歩行や立位などの下肢の機能に障害が出てくるのです。

末梢の神経に関しては、神経内部の血管と外部の血管には多くの経由があるので、例え1~2か所で圧迫されても外部から十分に血液供給がされます。

脊髄や馬尾神経には外部から酸素を供給してくれる血管がないので、圧迫されると比較的早く血流が悪くなり、神経伝達物質の働きにも影響して、神経機能が障害されて色んな症状が現れてきます。
 

脊柱管と脊髄の仕組みとして

脊柱は24個の骨(椎骨)が縦にならんでいます。首から腰までの椎骨は、大小ありますが椎孔という穴があり、それが連なり一つの管のようなトンネル(脊柱管)ができます。

脊柱管の中には、脊髄が入っています。脊髄がわかれて体の各部分に行く神経の根っこの部分(神経根)が脊柱管から出ています。


椎骨を連結している靭帯では、後縦靭帯、黄色靭帯は脊柱管の中に入って支えとなってくれています。

成人の脊髄は第一腰椎下縁の高さで終わるため、このレベルから下は神経の束が出ています。
馬の尻尾のように見えることから馬尾と言われます。
 
脊髄は脳の延長のため、脳と同じように3つの膜(軟膜、くも膜、硬膜)で包まれています。その中には脳脊髄液という液体で満たされ、液体の中に浮いているという構造になっています。

脊髄は、脳(脳幹含む)と体の各部、内臓などを結んで神経の連絡路になります。

体が外部からの変化に合わせて適切な行動をとる事ができるのは、外部からの情報が神経伝達物質を経由して連絡路を通り脳に伝えられ、その状況に合った脳からの指令が手足などの各部位にしっかりと伝えれるからです。
 
脊髄は内臓からの信号に対する自律神経の中枢として、内臓や血管をコントロールする働きをもっています。
脊髄は反射運動の中枢の役目も担っています。
例えば、すごく熱いもの触ったとき、反射的に手を引っ込めます。この様なとっさの行動をとるとき、脳からの指令を待っていたとしたら反応が遅れてしまいます。それで、脳への連絡を省略して、脊髄が反射運動を起こすのです。
 

当院での施術

sitamuke.jpgあおい接骨院・カイロプラクティック院では、骨格の歪みと筋肉の捻じれが原因だと考えています。
歪みが生じることで、そこに付着している筋肉が捻じれたり、縮んだりしてしまい、拮抗している筋肉は引っ張られたりします。
 
そこで重要なのは、骨盤のバランスをとり、捻じれたり縮んだりした筋肉を緩めていくことです。
 
症状が取れたとしても、血液循環の悪さから再発が起こることもあります。
 
自律神経を整え、血液循環をよくしてあげることで再発も防いでいきます。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ