浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


夏バテ、自律神経の乱れ

夏バテの症状

夏の暑さによって自律神経の乱れに起因して現れる様々な症状のことです。
ちなみに、語源は「夏」と「バテる」を合わせたものだそうです。

夏バテの症状は、食欲不振、睡眠不足、吐き気、めまい、頭痛、体の怠さ、集中力の低下などです。

室内外の温度差による自律神経の乱れ

a.jpg高温多湿の環境による発汗の異常。
暑くて大量に汗をかく夏は自律神経が常に働かないといけません。
汗が蒸発するときに気化熱を奪うことで体の熱を放出して、一定の体温を保っているのです。
屋外から、屋内(エアコンで冷えた)に戻る時などの急激な温度差は体力を消耗して、夏バテの原因になります。

暑いからと、冷たい食べ物や飲み物を摂取すると体の温度はドンドン下がります。そのため内臓器の温度も下がってしまうのです。
内臓器は体表よりも高い温度設定のため、逆に冷えた体の中は温度を上げるために働きます。
体温調節しているのも自律神経なので、これを繰り返すと体の機能がおかしくなってしまいます。自律神経の乱れに繋がります。
そして、「こむら返り」や「むくみ」を誘因してしまいます。

冷房の効きすぎた部屋にいると、体はストレスから自律神経が上手く働きにくくなります。
そして、自律神経の乱れが胃腸などの内臓器の不調や倦怠感、食欲不振を招いて夏バテを引き起こすのです。
胃腸は身体を支える元気の源です。
夏バテは「胃腸の弱りから」と言っても過言ではありません。

 

怠さ解消にカリウムの補給を。果物は最適ですよ

夏の体の怠さは発汗によって失われるカリウムの不足があるから。
カリウム不足を解消してくれのが「果物」です。
汗をかくと、塩分だけでなくカリウムも体内から奪われていきます。
 
カリウムは細胞の浸透圧の維持をして水分を保持する働きや、筋肉の収縮に関わってくるのです。
不足することでこむら返りが起きやすくなります。
それによって、パフォーマンスの低下を招くこともあります。
生のまま食べられる果物が最適です。バナナやキウイ、スイカやメロン、桃やブドウなど。

 

疲れを回復させるための大切な睡眠

asahini.jpg起床して、朝の太陽の光を浴びることで、心の安定や覚醒に作用するセロトニンが分泌されます。それが14~16時間経過した後に、眠気を誘発するメラトニン「睡眠ホルモン」に変化します。脳に作用し、眠りに適した体内環境を整えてくれます。

人は約24時間周期の体内時計のリズムをもっています。これをサーカディアン・リズムと言い、体が活動的になる時間帯や眠くなる時間帯などが決まってくるのです。
朝の光を浴びるだけでもリズムのスイッチが入り、さらに朝ごはんを食べることで自律神経へのスイッチも入り、よりしっかりと作動します。

自律神経の乱れ、内臓の疲労に最適なミトコンドリアの活性(ハイトーン療法)をお勧めします

nou.jpg

ハイトーン療法「ハイチャージ184」は、身体のエネルギーのもと、細胞の動力であるミトコンドリアを活性化させ、疲れにくい元気な身体を作ります。
痛みの軽減や炎症の緩和、ケガの回復や睡眠の質の向上など細胞レベルでエネルギーを導入し代謝を高めることにより、疲れた身体のケアや自然治癒力の向上、スポーツ現場におけるケガなど様々な効果が期待できます。

女性にもうれしいアンチエイジング効果も期待できます。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ