浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


腰痛、慢性腰痛について

sesuzi.jpg

人は骨盤と背骨で上半身を支えています。背骨は弓なりにカーブすることで負荷を分散させてバランスを取っています。重心は体の前面にかかりやすいため、身体が前に倒れないように背面に負荷がかかり、構造的な視点で見ても特に腰骨に負担が強いられるのです。

人間が二足歩行になり座位の姿勢をとるようにってから、腰痛は宿命だと言われているそうです。

腰痛の85%は原因が分からず、レントゲン等の検査をしても特定できるのはわずか15%程度だと言われています。
 

原因として考えられるのは

  • 自分ではわからないが左右どちらかに重心を置くクセが強い。
  • 長時間同じ姿勢で座っている、または立っていることが多い。
  • 腰を極端に丸める動作が多い。そしてその状態で、重いものを持ち上げることもある。
  • 学生の時にハードなスポーツをしていた。もしくは今、している。
  • 座面の柔らかいソファーやベットを使用している。
  • 内臓や婦人科系の疾患によって引き起こされている。
  • 産後から症状がある。
  • 過度のストレスや疲労によって自律神経のバランスが乱れ、血行不良が促されている。

慢性腰痛について

kosisippu.jpg

何年も続いている腰痛、大変つらいですね。

腰や下肢の筋肉の血行不良による硬化、内臓や骨の病気、血管の病気、精神的なストレス、椎間板の劣化などなど、多岐にわたります。

様々な原因が考えられますが、それぞれの発生頻度はというと、やはり椎間板の劣化が最も多いと思われます。

腰周りの筋肉の血行不良による硬化も腰痛の大半の方に見受けられます。

これは多くが椎間板からの刺激に筋肉が反応して短縮する、二次的なものです。

椎間板の劣化はなぜ起こるのか?私たち人間は、他の脊椎動物と比べても圧倒的に腰を屈めたり、丸めて座り続けること頻度が高いです。

この人間特有の習慣が、人間だけに頻発する原因です。
腰痛を改善するには、姿勢を良くすることが重要になってきます。

あおい治療院では

  • 痛いところだけを揉み解したり、バキバキ・ボキボキするような刺激の強い矯正は行いません。
  • 動きの悪い背骨や股関節に動きをつけ、背骨と骨盤のバランスを整えます。
  • 背中、腰、腹部、お尻、足など腰の筋肉の動きを制限している部分の筋肉を解し、血行を良くします。
  • 腰痛の原因になっている動作やクセ、姿勢、生活習慣などを分析し、改善をアドバイスします。

痛みの部位と、発信源が違うことが多くあります。
「なぜ、ここが原因なの?」とおっしゃる患者様が多くおりますが、ご本人でも気づいていないことがあると言う事でしょうね。

その他にも、関節の可動域制限、柔軟性の低下している筋肉、過緊張を起こしている箇所、骨盤のバランスの崩れている箇所(不均衡状態)など。
これらがどこで起こっているのかを探し出し、施術に入ります。

可動域制限や痛みによって筋力の低下が見られる場合も多く、関節の可動域をつけることで症状が改善することはよくあります。

予防するために

  • 日頃から意識して座るときは骨盤を立てて座る。(尾骨ではなく座骨に体重が乗るように、坐骨は座ってお尻の下に手を置いた時に当たる左右の骨)
  • 長時間座るときは、時々椅子の上で腰を反らしたり丸めたり動かしてみる。
  • 長時間座り続けずに、出来れば1時間に1度くらい席を立つこと。(トイレ、お茶タイムでも良し)
  • 屈む時は、腰はできるだけ伸ばして、股関節と膝を曲げる習慣をつける。
  • 時々腰をねじる体操を行う。
  • 温めること。手や足の冷えに十分気をつける。
naizouki.jpgその他、内臓や精神的ストレス、酷い痛みで我慢できない程の腰痛は、それぞれの専門の医療機関での検査を受けて頂くのが良いと思います。

 

背骨に問題がある場合

背骨に問題がある腰痛、整形外科を受診されたのであれば診断結果と現在の症状を詳しくお聞きし、あおい独自の理論を基に施術方針を決めていきます。
背骨に問題があるからといって、それだけが腰痛の原因だとは限りません。
原因をしっかりと把握して的確に行うことが重要似なてきます。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ