浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


妊婦(ママ)さんの産前、産後の腰やお尻の痛み

ninnpunayamu.jpg

仙腸関節炎の特徴的な症状

  • お尻の割れ目より横に痛みがある。
  • シビレなどを伴うことがある。
  • ヘルニアや坐骨神経痛と間違えやすい。

どんな状態、なぜ痛みが出るの?

mamasann.jpg 炎症などによって仙腸関節の週辺が循環不良になったり。筋肉がかたくなる事により痛みを感じ、シビレが出ることもあります。
お尻や腰を中心にふくらはぎまでの痛み。

座っていると痛い場合、仙腸関節の箇所に負担がかかることです。圧迫されることで循環不良を招きやすく、痛みが出てきます。寝ている時などでも、負担がかかり痛みを誘発してしまうこともあります。
あとは、前かがみや中腰の姿勢で痛みが誘発されてしまいます。

比較的歩いている時の方が痛みは出にくいとされています。
腸骨についている靭帯が固くなったりすることでも仙腸関節がズレが起こる場合もあります。

仙腸関節炎はレントゲンなど画像での判断はしにくいため、基本的には問題はないと判断される事が多いです。
筋肉や関節などに長期的に負担がかかり続けると、脊柱管や椎間板ヘルニアへの要因となることもあります。

こちらに当てはまることはないでしょうか?

  • 骨盤の歪んでいるような気がする
  • 気づいたら片側に重心をかけている
  • 腰痛は当たり前と思っている
  • 出産を期に痛みが出現した

仙骨が痛くなる習慣として

tyouyoukinn.jpg足をよく組む等、日頃から身体の中でねじれる場面が多い。
 
腹部の中の筋肉、特に深層の筋肉が硬くなっている。この筋肉はインナーマッスルと呼ばれています。姿勢を正しく保ったり、股関節を90度以上上げる時に使います。

片方の股関節が過度に外側に向いたり、内側に向いたりしていると。
見た目は骨盤のねじれですが、左右差によって骨盤が歪んでしまっている大きな要因となります。日頃からバランスの悪い使い方をすることで、最終的に痛みとして感じるようになっているのです。
股関節と腰は一見関係なさそうに思えますが、骨盤と関係が繋がっている部分は左右の股関節です。

立った時にはねじれはあまりないけど、上向けになった時に捻じれている状態は股関節がメインの時に起こってしまう事です。

当院で行う仙腸関節炎の施術

ninnputokodomo.jpgねじれというのは、レントゲンやMRIで映ることはほぼありません。
仙骨そのものに原因があるというより、他の部分からの影響が非常に多くあります。
そのため、身体のバランスや重心のかかり方、歪みを診ていきます。
それに伴った筋肉の過緊張や関節可動域などの制限がどこで起こっているのかなども考慮していきます。
それらを基に、施術を行っていきます。

ただ患部だけを強く揉み解せば、症状は緩和されるというものではありません。逆に強すぎるほぐしによって筋線維が傷み、揉み返しが起こるリスクが高くなります。

当院では、ほぐしや矯正も低刺激で行いますので、痛い施術をすることはありませんのでご安心ください。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
東京都港区芝大門1-16-1
穂積ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ