浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


急激な運動や起床時、股関節や大腿部、膝周りが痛い

hasirujyoswei.jpg

これらの症状があるとランナー膝の可能性も

  • 膝の外側に痛みがある
  • 長く走ると痛みが出る。
  • 足を伸ばすときに痛みが出やすい。
長距離走者などに多いといわれています。
腸脛靭帯は腸骨(骨盤)から脛骨にかけて付着する靭帯です。膝を曲げ伸ばしすると腸脛靭帯は前後に動きます。動作が繰り返されると、腸脛靭帯と骨との摩擦により炎症が起こり痛みを生みます。
痛みは、歩行や走行時に足が地面に接地して負荷がかかるときに発生し、走行量やスピードに応じて増強する特徴があります。

原因として

  • 急激な運動量の増加
  • 柔軟性の低下
  • 身体のバランス(不均衡状態)の問題

身体のバランスが崩れているために起こります

asihikizuri.jpg腸脛靭帯は大腿の外側に沿って走る垂直な繊維をもつ筋膜の浅在層であり、足を前に出す動きに関与するだけでなく、横の動きもあります。
足から見ると、身体を横に倒す動きになります。
身体のバランスが崩れて左右にグラグラしていると、左右の腸脛靭帯が常に引っ張り合いをして真っすぐ立っている状態に維持しようとします。
それが日々起こっているとなると、常に緊張して柔軟性を失ってしまいます。
腸脛靭帯は股関節と膝関節の強力な安定要素にもなっていて、筋肉でもなく、腱でもなく、どちらかと言えば筋膜の帯になります。

大殿筋と大腿筋膜張筋は腸脛靭帯に着いています。
普段は骨と擦れないようになっているのですが。
大腿筋膜張筋やお尻の筋肉(殿筋)から腸脛靭帯に繋がっているため、これらの筋肉が硬くなってしまうと膝の外側でこすれやすくなってしまいます。
そして、腓骨に負担がかかってきて、腓骨が下がってくることもあります。

一般的な治療法は

病院や整形外科に行くと、「使いすぎ」「オーバーワーク」練習のやり過ぎと言われます。
基本的には、アイシング、湿布、低周波療法、マッサージ、ストレッチを行います。
これらをやっても良くならないのは、根本的な原因に働きかけができていないからです。

ご自分でできるケアとして

痛い動作を行っていると、痛みをかばうための補整が入ってしまうため、痛い動作を控える。
お風呂などで温める。血行を良くしてあげることで筋肉も柔らかくなります。
お尻周りのストレッチをしてあげたり、足首周りの柔軟性をつけるために、足首回しを行う。 

当院でその腸脛靭帯炎治せるはずです

本来、腸脛靭帯は骨と擦れ合うようにはできていません。
ある程度の柔軟性、弾力があるためこすれにくく、こすれても簡単には炎症が起こらないようにはなっています。
腸脛靭帯はお尻の筋肉、大腿筋膜張筋と繋がっています。これらの筋肉が硬くなることで引っ張られた状態になり、擦れやすくなるのです。
これらとは別の原因として
足首や足の指の硬さが痛みに繋がっているケースです。私たちの足の裏には、アーチ(カーブ)があり地面からの衝撃を吸収してくれる機能が備わっています。
地面からの衝撃が吸収されないと、その衝撃はふくらはぎやスネ、太ももやお尻の筋肉に直接負荷がかかってきます。それで、筋肉が硬くなり、痛みに繋がります。
 
当院では、左右のバランスも考慮し、施術に入ります。
何かお困りの事がありましたら、ご連絡下さい。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ