浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のりピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


お尻や腰、股関節の辺りが痛い。歩き出しも痛む。

こんな症状でお悩みでは?

  • お尻のあたりに痺れるような痛みがある。
  • 坐骨神経痛と言われたが、なかなか良くならない。
  • 歩いたり走ったりすると足にシビレがある。
  • 座って、立って、走っても痛い。
  • ピリピリとシビレるような痛みが続く。

梨状筋症候群とは

osirikinn.jpg坐骨神経痛が主症状となる疾患です。
坐骨神経痛のような症状が出るのは、絞扼性神経障害と言われています。
基本的に、坐骨神経は身体の中にある小さなトンネルを通っていますが、その小さなトンネルがさらに何らかの原因で狭まって起こる症状を絞扼性神経障害といいいます。
梨状筋症候群の場合、坐骨神経が梨状筋との間で通り道が狭くなっているところがあります。
そのため梨状筋の部分で坐骨神経が圧迫されされやすくなっています。

坐骨神経痛の症状として、痛みやしびれ、運動マヒなどあります。
痛みは、神経が引っ張られることで起こりやすく
シビレは、神経が圧迫されると起こりやすくなると言われています。
梨状筋症候群は、梨状筋というお尻の筋肉の中でも深層にある筋肉が神経を圧迫している場合に診断されます。

梨状筋の働きは
主に立つときに重要な筋肉で股関節の安定性を高めてくれてます。
股関節の外旋にも作用します。

梨状筋症候群の一般的な治療方法

「ストレッチをしなさい」「筋肉をつけなさい」です。

確かに、梨状筋の緊張が坐骨神経を圧迫しているので、ストレッチして解放してあげるのが一般的な方法です。
頑張ってやれば改善はされるかもしれません。

当院でその痛みの改善ができます。

tomusonnkyousei.jpgストレッチだけでは間に合っていません。
梨状筋症候群の症状が出るメカニズムとしては梨状筋の過緊張により坐骨視神経を圧迫する。
梨状筋の過緊張により引き起こされる骨盤周りの可動域の低下、バランスの崩れ
筋膜性の関連した痛み

これらを考慮し、お尻の筋肉の緊張が、なぜ起きているのかを見つけ出し、そこを改善していないから痛みが続くのです。
そこには、かたく緊張しなければならない理由があるはずです。

どこに行っても変わらない、どこに行けばよいか分からない等で、何かお困りの事がありましたら、当院へご連絡下さい。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ