浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


股関節の違和感や音が鳴る(弾発股)

当てはまることはないですか?

  • 立つ事が多い。
  • 産後から股関節がおかしい
  • デスクワークのため、からだを動かす時間がない
  • 階段の上りや下りで股関節痛が痛む。
  • 歩いたり、立っているだけで股関節がつらい

股関節は骨盤を支えるとても重要な関節です。
股関節がポキポキ音が鳴る原因としては、骨盤の歪みと弾発股の2つが考えられます。
股関節は骨盤と大腿骨が連結しているため、歪めば、股関節の角度や荷重も変わってきます。

股関節は大腿骨(太もも)の大腿骨頭と寛骨臼(腸骨)の間の関節で、あらゆる方向に運動が可能な球関節(臼関節)です。
骨頭の受け皿になる関節窩(寛骨臼)は、骨頭の約2/3を入れ、さらに深さを補うため関節唇(軟骨)があります。関節の回りは関節包に包まれ、それを覆うように強靭な靭帯があります。
股関節の周りにはたくさんの筋肉も走行しているのです。
 
足(股関節)が動くのは、股関節が骨盤のくぼみの中で回転するからです。

骨盤がズレ、股関節の痛みやクリック音(ポキポキ)となるだけでなく、身体のバランスが崩れてきます。

弾発股とは

股関節の回りの筋肉や健が、骨に引っ掛かり、ポキッと音がする症状を言います。引っかかるときに音が鳴ることから、バネ股とも呼ばれています。

弾発股3タイプ

股関節外側から音が鳴るタイプ
最も多いタイプです。大腿筋膜張筋の過剰な緊張により、腸脛靭帯が太ももの骨の大転子に引っ掛かり音が鳴ります。

鼠径部(そけいぶ)からなるタイプ
腸腰筋の腱が大腿骨に引っ掛かり音が鳴ります。

内部から音が鳴るタイプ
激しいスポーツ等で股関節を使い過ぎて、軟骨がすり減ったり、変形性股関節症の人に多く、股関節の内部で音がします。

この様な原因で起きる股関節痛に対して行っていきます。

kotubannnamae.jpg①原因となる筋肉の緊張を緩める

腰・臀部・大腿など下半身の筋肉が緊張を緩め、股関節の
負担を軽減する。
骨盤や周囲の歪みや筋バランスが良くなれば、股関節も正しい位置に戻り、股関節の症状も解消するはずです。

②骨盤矯正

股関節痛では股関節のズレに伴って骨盤のズレも
発生しています。

骨盤を矯正し、股関節や拮抗する筋バランスなどの組織を調整することで、骨盤や股関節の位置を正すことは重要になってきます。

当院の施術においては、ボキボキバキバキする矯正はなく、しかもほぼ痛みはありません。

③股関節の調整

kokannsetuugoki.jpg股関節の問題としては、仙腸関節の問題も考えられます。
寛骨と下肢を繋いでくれる関節で荷重のかかりやすい場所の一つです。

足(股関節)が動くのは、股関節が骨盤のくぼみの中でしっかりと回転して、骨盤や股関節周囲の軟部組織バランスが重要なのです。

スムースに股関節が回転できないと関節の中でぶつかったり、足を動かした時に股関節の痛みが出たりして辛くなるのです。

どこに痛みや違和感の原因となっているのかは、一人一人違うので、まずはそこを探していくことが重要になってきます。

股関節の痛みでお悩みの方は当院までご連絡下さい。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ