浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のりピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


ぎっくり腰、腰に負担のかかる寝る姿勢

gikkurikosi.jpg痛めた本人にしか分からない、ぎっくり腰や腰の痛み。
どの体勢も辛く動けない状態になったり、寝るときに辛く痛いという経験をした方も多くいるでしょう。安静にするのも良いのですが、なるだけ負担のかからない体勢で寝ることも大切です。

腰に負担のかかる寝る姿勢とは

nezou.jpg痛みが出ている時に、同じ体勢で眠り続けると一定の場所に負担がかかり痛みが誘発されやすいです。なるべく痛みの少ない姿勢をとって、時々寝返りを打つことしながら姿勢を変えていくように心がけて下さい。
うつぶせ寝は腰が反った状態になるためなるべく控えて下さい。

寝るときに腰に負担をかけないための対策として

1 膝の後ろや膝の間にクッションを挟む

上向けで寝る際には、膝の後ろにクッションを入れ膝を軽く曲げた状態にしてあげる。
横向きで寝る時は、膝の間にクッションを挟むと負担の軽減がみられます。もしクッションを挟むのは辛いという人は、足の角度を変えて片方の膝の間にクッションを入れてみて下さい。

2 寝る向きを変える

仰向け(上向け)で寝るのが理想的です。

しかし、同じ体勢を長時間続けると一定の部分に負担をかけ続けてしまい、別の所へ痛みが発生することもあります。そうならないようにするために、時々は向きを変える事が重要になります。

基本的に、横向けであれば痛みのある側を上にしてあげることがポイントです。ひどい痛みの時は、横向きになり少し身体を丸めるように寝てみて下さい。

3 寝返りの打てる環境を作る

ベッドや敷布団などの寝るスペースを広くとるようにして下さい。スペースが狭いと寝返りも打ちずらく、身体がストレスを感じてしまいます。

4 寝具を見直す

枕や敷布団が身体に合ってないと、背中のカーブが崩れやすくなり腰痛やぎっくり腰の原因になる恐れがあります。

5 寝る前のストレッチ

痛みの強いときは控えて下さい。

寝具が腰痛の原因の場合もあります

枕が合っていない場合

自分に合っていないと、首の下に隙間ができたり、枕が高すぎてアゴが下がった状態になり、首や背骨が緊張した状態になります。その影響から腰の負担に繋がります。

寝具が合っていない場合

硬すぎる敷布団やマットレスを使用していると、身体の一部分が布団に接した状態となり負担がかかり、柔らかすぎても腰に負担がかかります。
硬さは個人差がありますので、実際に触れてみるなどして自分の身体に合うものを選べると良いです。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ