浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


肩甲骨の痛み、背中の鈍い痛み

kennkoukotu.jpg

背中「肩甲骨の辺りが痛い」と言って来院される方がいますが。
肩甲骨は寝違えで痛くなる場所でもあります。
肩甲骨は肋骨や鎖骨、上腕骨などと関節を作る骨です。

首や腕、腰、肋骨との関連もあり連結する筋肉もついているため、見極めが重要になってきます。


 

何をしている時に痛みが出るのか

  • 長時間パソコン作業をしている時
  • 書き物をしている時
  • スマートフォンを使っている時
  • 起床した時
年々増えているようです。
同じことを感じていたら、ひどくなる前に解決してしまった方が賢明かと思います。

肩甲骨を痛める要素として

筋肉が短縮してしまっている。

長時間に及ぶデスクワークでは、あなたの姿勢は背中が丸くなっているはずです。

よく見ると、丁度肩甲骨の辺りが最も丸まっていませんでしょうか?

この姿勢が長時間続くと、背中の筋肉が、丸まった状態に順応して定着してしまいます。

そして筋肉が縮こまることによって、筋疲労が増幅し強いコリや痛みにつながるのです。
更に背骨も負荷がかかり続けた状態が続くので、歪みの原因(前傾、猫背)にもなります。

首の椎間板への負担

椎間板は、首の骨である椎体と椎体の間に存在し、クッション(緩衝材)としての役割と脊椎の運動を可能にする役割を果たしています。
椎間板の真ん中には髄核と、髄核の周りの繊維輪で構成されていて、老化と共に髄核の水分量が減少したりします。
背骨はS字にカーブしていて、頸椎では前方凸カーブしています。
そのため、長時間のパソコン作業やデスクワークでは、顔が前方に突き出た姿勢や下向きの姿勢になります。すると首に負担がかかってしまいます。
負担のかかった椎間板から出た刺激が、肩甲骨に伝わっているケースも非常に多いのです。

スマートフォンを使っていると痛い

スマートフォンが根本原因と言うより、すでに椎間板が傷んでいるから、もしくは負担をかけ過ぎている。
スマートフォンの使用でというより、姿勢からの負担で症状が出る、と言った方がより正確です。


姿勢が悪く負担がかかっていることに気づいていない。

kubinokakudo.jpg自覚症状と負担の掛かっているところが違うこともあります。
猫背姿勢などで、肩が内巻きになっていて、肩甲骨が本来の位置にないため、関節や筋肉に負担をかけ続け背中の丸まりがあったりなど。
それに伴い肩甲骨が引っ張られ痛みを引き起こすことがあります。

肩甲骨に左右差があることで、本来の位置に戻そうと筋肉が過緊張や過収縮などが起こるため、筋肉が上手く稼働せず、うっ血を起こして痛みへとなります。

当院の施術

姿勢の問題や骨盤の歪み、筋肉や関節などと一人一人状態がちがうため、ご自分で原因を探すのは困難なことが多いのです。
どこに問題があるのかを見極めた上で、施術に入らなければ効果は望めません。

そして、根本的な原因を探し、施術しなければ改善はされません
お困りのことやお悩みなどありましたら、当院にご連絡下さい。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ