浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のりピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


足底筋膜炎について

症状として

  • 長時間座っていて、立ち上っての踏み出した時の痛み(足裏への強い痛み)を感じる起床して最初の一歩目で、足の裏がピリピリと痛む
  • 一歩目は痛いけど、歩いているうちに足裏がほぐれて和らいでいく。
asiura.jpg

歩き過ぎや長い時間立ちっぱなしでいることにより、足底筋膜に負担がかかり過ぎ、足底筋膜に亀裂が入って炎症が起きてしまうことが原因とされています。

中高年以降の肥満傾向の女性に多いです。硬い床面の上で走ったりジャンプを繰り返したりするスポーツで発生することが多いです。
 

病院での処置は

  • 硬くなった足底腱膜をほぐすストレッチ
  • 鎮痛剤の処方
  • 痛みが強い場合はステロイドホルモンの局所注射などの保存療法(手術以外の方法)がなされます。
  • 肥満の解消や歩き過ぎ、立ちっぱなしの日常生活を見直す事など生活習慣の改善を指摘されることが多いようです。
  • インソール
  • 手術(保存療法が効果ない場合)

まれなケースだそうですが、痛みが改善しない場合は手術を勧められることがあるそうです。
 

状態として

asihikizuri.jpg朝、初めの一歩が刺すように痛いのは、 足底筋膜の弾力が低下、寝ている間の時間だけでは腱が十分修復されないという状況にあるわけですが、そのような足底筋膜が硬い状況で足を床・地面に着くと、かかった体重によって足裏の腱が無理やり引っ張られてしまうため、強い痛みが出てしまう、と考えられています。

なので夜寝る前や朝、起きた時に足首から足、足裏までほぐすようにストレッチをすることで、強い痛みを感じにくくなる、と考えられています。

足底の痛みの場所と発信源が一致するとは限りません

痛みのある所と痛みの発信源が異なる場合もあります。

足の裏が痛いからと言って、痛い場所が足裏の痛みの原因と言う事はありません。
そこが足底筋膜炎の軽減、改善し難さの要因になっていると考えられます。

当院での足底筋膜炎の施術

asisuto.jpgまず、足底筋は足の裏というより、ふくらはぎの上部にあります。そこから長い腱が伸びてきて足の裏に付着するのです。

しかし、足底筋は単独で働いているわけではなく、他の筋肉との繋がりもあるため、ぞれらの筋肉の疲労からの影響を受け足底筋が硬くなります。

結果として、痛みを誘発してしまいます。

また、普段の姿勢や身体のバランスの問題による組織の過緊張状態、自律神経の乱れからも原因で起こるので、生活習慣の見直しも視野に入れないといけません。
筋肉にある感覚受容器に働きかけることで、過緊張を起こしている筋肉を緩めていきます。

足裏の痛みが引いた段階で足裏、ふくらはち、すねの筋肉を柔軟にする柔軟体操も日頃から行っていくとより効果的です。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ