浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


変形性膝関節症、膝の痛み

変形性膝関節症は

hizanoitami.jpg

痛みを訴えられるのは女性に多く、主な症状は膝の痛みと水がたまる(関節水腫)ことです。

関節のおかげで、さまざまな動きが出来るのですが、機械同様、使用頻度が高い所には故障がつきものです。

関節痛の中でも多いのが関節の老化とも言われる変形性関節症です。特に膝関節や股関節などの部位で発症しやすいです。

症状

関節は、クッションとなる軟骨のおかげでスムーズに動くようにできています。

その軟骨が年齢とともにもろくなり、欠け、すり減り、周囲に炎症を起こします。

変形性関節症が一番起こりやすいのは「ひざ」です。

ひざには立っている時、体重の重さがかかっています。座ったり立ち上がったりするときにはさらに大きな力がかかります。

初期はは立ち上がり、歩き始めなどの動作の開始時での痛み、つぎに階段の昇り降りが困難になります。さらに進行すると安静時にも痛み、変形が目立ってきて、膝が真っすぐ伸びずに歩行困難となります。

骨盤の中の仙腸関節が動かなくなり、非荷重状態になってもひざへの負荷がに大きくなるため、ひざ痛を起こす人が多いのです。

変形性膝関節症の痛みは、初めのころには湿布薬、塗り薬などでおさまってしまうこともあります。

ところが関節の軟骨への負荷は相変わらず続きますので「痛みの増加」「痛む間隔が短くなる」等と少しずつ悪化していきます。

やがて、立ったり座ったりの動作に支障が出て、歩くと痛むような状態になります。

症状が出てくると歩く機会が減り、筋肉がさらに衰えることで体を支えられず、症状も進むという悪循環になってしまいます。

ひざに違和感を感じたら、早め早めの対処が重要です。
 

この様な悩みはないですか?

  • 膝の水を抜いても、また溜まる
  • 歩くことがツライ。
  • ヒアルロン酸を打ち続けている
  • 膝の腫れぼったさ、熱をもっている感じがする。
  • 良くならないからほったらかしている。

施術として

hizasyokusinn.jpg

膝を伸ばすとき、太ももの前面の筋肉が収縮します。膝を曲げるときは太ももの後面の筋肉とふくらはぎの筋肉が収縮します。この前後の筋肉が正常に伸び縮みできていれば、膝の痛みは起きにくいものです。

膝の痛みには、膝周辺の筋肉に関連した痛み、関節に関連した痛みがあります。これらの筋肉が正常に伸び縮みしないから膝の動きに制限が現れ、やがて悲鳴をあげ痛みが出るのです。

膝周りの筋肉を正常に動くようにしてあげれば良いのです。

また、これらの筋肉は腰椎から出る神経に支配されているので、骨盤や腰の影響、膝周りの筋肉の過緊張、筋肉の柔軟性や筋力の低下、どこに負担(重心)がかかっているのかも考慮して、その状態に合った当院独自の施術に入っていきます。

膝の治療は、時間をかけてじっくりと治していくことが重要です。

膝はとても再発を起こしやすい関節ですので、再発予防のための筋力強化運動も必要になってきます。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ