浜松町にある当院は芸能界やスポーツ業界の著名人のリピーターが多い整体院です

あおいカイロプラクティック院・接骨院


妊婦(ママ)さんの腰痛

妊婦(ママ)さんの腰痛の原因

ninnpunayamu.jpg

妊娠して体重の変化に伴って姿勢(重心の位置)が変化していきます。
お腹が大きくなるにつれて骨盤や腰椎でバランスをとるため腰や背中、お腹が前方へ傾き、重心の位置が前方へ変わっていきます。お尻回りや足の筋肉、首肩回りにまで負担がかかってくるのです。

日常生活の悪習慣

  • 床に座ることが多い
  • 手や足がよく冷えることがある
  • 散歩やストッレチをやらない
  • 家事や育児、仕事などのストレスがある
  • 体重が増えてきている
  • 睡眠の質と量が悪く、不規則
  • 職場や自宅でも同じ姿勢でいることが多い

その他にホルモンのバランスが崩れることで腰痛を引き起こします

hikaritoawa.jpg

妊娠3カ月頃になるとリラキシン(卵巣ホルモンの一種)が分泌されます。このホルモンは赤ちゃんがお母さんの狭い骨盤を通れるよう、出産に備えて関節や靭帯を緩めたりする作用があります。

結果的に緩んだ骨盤をお尻や腰回り、股関節回りの筋肉で支えようとして腰痛や股関節の痛みが起きます。

出産にはとても大事なホルモンですが、妊婦さんにとっては辛い症状が出ることもあるのです。
 

妊婦さんによるマタニティーベルトおすすすめです

骨盤の緩みが原因で、腰痛や肩こりなど様々なトラブルが起こる可能性があるので、産後はもちろんですが、産前もベルトを締めることが大切です。

赤ちゃんが大きくなるにつれて、重くなり頭が骨盤の中に入ってきます。
そうすると骨盤が少しずつ緩んできます。
その為、外からマタニティーベルトなどで骨盤をサポートした方が楽になります。

妊婦さん専用のマタニティーベルトをしめることで、緩んだ靭帯の代わりとし働いてくれます。
お腹周りを圧迫せずに骨盤周りを固定してくれます。

妊婦さんの妊娠線

急激な体系の増加によって、皮膚が急激に伸びてしまうからです。
表皮は伸びやすく、真皮や皮下組織は伸びにくいため。
 

ホルモン分泌の影響による

ホルモンバランスの変化で肌の新陳代謝が悪くなり、弾力性も低下してしまいできやすくなってしまうのです。
 

肌の潤いの低下

皮膚が乾燥しやすい環境などが続くと、弾力性が失われて妊娠線ができやすくなります。
 
元々皮下脂肪が多い体型の方は、通常よりも出来やすくなります。
 
妊娠線は治療が必要な病気ではないです。
 

妊娠線の予防として

予防をしていても、肌の状態や体形によってはでてしまうこともあります。
 
肌の弾力性やコラーゲン、乾燥予防、冷えや血行不良の改善、体重管理などが重要になってきます。

妊婦さんの腰痛治療

ninnputokodomo.jpg

ホルモンの影響で骨盤周りの靭帯、関節は緩みやすくなっています。

お腹が大きくなるにつれ身体への負担、筋力低下もでてきます。

腰回りの筋肉を中心に見てはいきますが、痛みの原因がどこから出現しているのかが重要になってきます。
痛みのある部分だけでなく全体としてとらえ、しっかりと状態を見極めて施術に入ります。
筋肉の柔軟性や拮抗筋のバランス、関節の可動域の問題など。

当院での基本的な施術としては低刺激で行っていきますので、強くゴリ押しするような事はありません。
施術中での体勢は、妊婦さんのお腹に負担のかからない横向け、仰向けでも行えます。

患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの治療を提案していきます。

あおいカイロプラクティック院・接骨院のご案内

住      所:
〒105-0012
港区芝大門1-15-7 TK芝大門ビル5階
アクセス:
都営浅草線大門駅 徒歩0分
JR浜松町駅 徒歩3分 
お問い合わせ・ご予約
03-5408-5881
営業時間:
平日 10:30~20:30
土曜 10:30~16:00
※予約優先制
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ